おうちカフェ

【おうちカフェ必需品】モナン、ダヴィンチ、トラーニの特徴を比較!

おうちカフェアイキャッチ画像

こんにちは。最近めっきり本業に身が入らない、宅飲み・おうちカフェ研究科の宅のみおです。今回は知らなきゃ損する!フレーバーシロップの特集記事です。

知っていればおうちカフェのレシピに差をつけられる内容なので、興味あるかたはお付き合いくださいませ。

おうちカフェでかかせないノンアルコールカクテルやコーヒーアレンジやに大活躍のフレーバーシロップですが、何を選べばいいかわからない人がほとんどだと思います。

この記事では、フレーバーシロップの選び方の解説から、フレーバーシロップの3大メーカーであるMONIN(ナン)」、「Torani(トラーニ)」、「DaVinci(ダ・ヴィンチ)の特徴や各メーカー毎の売れ筋・人気ランキングをご紹介します。

宅のみお
宅のみお
シロップを使うと、ドリンクのアレンジが充実して、おうちカフェでのドリンクが1ランクも2ランクもグレードアップしますよ~。

MONIN(モナン)について知る

Torani(トラーニ)について知る

DaVinci(ダ・ヴィンチ)について知る

Contents

フレーバーシロップとは?

モナンシロップが3種類を撮った画像

フレーバーシロップとは、ドリンクや料理にアレンジするだけで様々な香り、味をプラスすることができる、おうちカフェでの必須アイテムです。

基本的に砂糖もしくは天然、人工の風味量によって作られています。砂糖の代わりにシロップを使うことで、様々なドリンクのアレンジ、コーヒー・紅茶のアレンジ、アイスやかき氷、パンケーキなど自分の個性を出して幅広くアレンジできるのが最大の特徴です。

宅のみお
宅のみお
お気に入りのフレーバーシロップを見つけて、おうちカフェを楽しもう

 

フレーバーシロップの選び方

ねこテル
ねこテル
まずは、どうやってフレーバーシロップを選ぶのかを考えるにゃ~

アレンジしたいドリンクからフレーバーシロップを選ぶ

ラテアートの画像

「どんなドリンクを作りたいですか?」または「どんなドリンクが好きですか?」

これらを自分で想像して、モクテル(ノンアルコールカクテル)なのかフレーバーティーなのか、コーヒー、ラテ系なのかと考えてください。それぞれにぴったりフレーバーが必ずあります。ただ、フレーバーシロップも商品数がめちゃくちゃ多いんですよ。数多くのシロップの中から、あなた好みのシロップが見つかると、おうちカフェのレベルが格段に上がりますよ。まずはメインのドリンクのジャンルを決めましょう!

自分にあったシロップメーカーのフレーバーシロップを選ぶ

トラーニのイメージ画像

シロップメーカーそれぞれに特徴・個性があります。同じフレーバーの商品でもメーカーによって風味、香り、製法、全てに違いがあります。一概にどれが優れているとは言いがたいので、ここには人それぞれの好みがあると思います。

この記事では、フレーバーシロップの有名メーカーの特徴や歴史、おすすめ商品を紹介していくので、気になる商品の参考にしてもらえればうれしいです。

求めているの特性のフレーバーシロップを選ぶ

カクテルの画像

各メーカーから出ているシロップには、それぞれ特性・得意ジャンルがあります。例えば、天然素材のものだけを使ったシロップや、ドリンクのジャンルを特定したシロップなど、「健康志向で保存料や糖質がないシロップがほしい」や「色鮮やかなドリンクが作りたい」といった、自分が求めているドリンクにぴったりの特性をもったシロップを選びましょう。

 

3大メーカー:MONIN(モナン)

モナンの画像画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
まずは、みなさんが一番目にしたことがある「MONIN(モナン)」から解説します。

最近ではカルディのような輸入食品系のお店や洋酒が強い小売店で見かけることが多くなりましたね。

MONIN(モナン)の特徴

日本では、業務用としてカフェ・BAR業態を中心に、カクテル、ノンアルコールカクテル、アレンジコーヒー、アレンジティーとして主に使用されており、近年の宅飲み、おうちカフェブームの影響で家庭用でも使用されるシーンが増え、家庭用サイズ(250ml)も販売しています。最大の特徴は、「シロップの品質へのこだわり」家族経営ならではの長く蓄積した豊富な経験と最高の品質へのこだわりがこめられたシロップを100種類以上展開しており商品数としてもシロップメーカーでは最大級です。

MONIN(モナン)の歴史

現在ではノンアルコールシロップのトップメーカーとしてに位置付けですが、創業はなんと1912年、フランスのブールジュにて誕生した100年以上の歴史のあるブランドです。

モナン親子3代に渡り世界各国で発展し続け、ヨーロッパでの新たなカクテルブーム、アメリカではフレーバーコーヒーと、常に時代をリードする製品・レシピを提供してきたシロップ界のトップランナーです。

MONIN(モナン)の商品ラインナップ

宅のみお
宅のみお
MONIN(モナン)シロップのパッケージは主に4種類だよ。

ノンアルコールシロップ

モナングリーンアップルシロップ250ml

画像引用:日仏貿易

業務用700mlを、家庭用250mlをの2パッケージで展開しており、約100種類ほどの商品ラインナップがあります。カクテル、ノンアルカクテル、コーヒー・紅茶と主にドリンクのアレンジに使います。

モナン250mlアイキャッチ
モナンシロップ250mlの種類は何種類?おすすめフレーバーTOP10!アレンジドリンクに必須のモナンシロップ250mlの種類と実際の人気ランキングを紹介します。家庭用サイズの250mlのモナンシロップを使ったアレンジレシピも交えて、おうちカフェをワンランクアップさせてみませんか。...

フルーツミックス

モナンフルーツミックスの画像

画像引用:日仏貿易

こちらは業務用1000ml、家庭用500mlをの2パッケージで展開しており、商品数は20種類以上。ノンアルコールシロップとの違いは「フルーツピューレが入っており、果実感たっぷりのシロップ」です。果汁や果肉の割合が高くとろみのあるシロップなのでフルーツソースのように使うことができます。

グルメソース

モナングルメソースの画像画像引用:日仏貿易

業務用1890ml、家庭用500mlをの2パッケージとペン型の容器でラテアート用の150mlがあります。口当たりはなめらか、ドリンクによく混ざるのが特徴です。コーヒーベースや、デザートのトッピングとしてもおすすめですね。

フラッペソース

モナンフラッペの画像画像引用:日仏貿易

容量は1kgで約5種類を展開中、パウダー上のベースです。フラッペやスムージ、フローズンドリンクをよりなめらかに仕上げ、ふんわりした食感が長持ちして分離しづらくなる特徴があります。

MONIN(モナン)のおすすめ商品ランキング

 

ビール犬
ビール犬
おうちカフェをハッピーにする、MONIN(モナン)のおすすめ商品TOP10を発表するワンッ!
MONIN(モナン)おすすめ商品TOP10を開いて見る

ランキング1位:ヘーゼルナッツ

モナンヘーゼルナッツシロップ250ml画像引用:日仏貿易
宅のみお
宅のみお
1位はノンアルコールシロップから「ヘーゼルナッツ」、容量は250mlと700mlで、コーヒー、紅茶のアレンジに大活躍。おうちカフェに魔法をかける最強のフレーバーシロップ。個人的にナッツが好きなので、堂々の第一位に選出しました。

 

ランキング2位:パッションフルーツ

モナンパッションフルーツシロップ250ml画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
第2位は爽やかなドリンクアレンジで重宝する「パッションフルーツ」夏にぴったりのドリンクアレンジが作れる万能エキゾチック柑橘系シロップです。

ランキング3位:キャラメルソース

モナンキャラメルソースの画像画像引用:日仏貿易
宅のみお
宅のみお
3位は焦がしキャラメルに濃厚な味わいの「キャラメルソース」がランクイン! THE王道キャラメル!という濃厚なソースはコーヒーとの相性抜群です。

ランキング4位:モヒートミント

モナンモヒートシロップ250ml画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
4位はカクテル、ノンアルカクテルの定番「モヒートミント」おすすめは、モヒートシロップ+〇〇シロップで作るフレーバーモヒート。自分のカラーを出せる変幻自在なシロップ。

ランキング5位:マンゴー

モナン マンゴー・シロップ 700ml画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
5位には「マンゴー」! トロピカルな甘さで、紅茶、スムージー、カクテル、かき氷とドリンクに新しい風をもたらしてくれるシロップです。
モナンマンゴーシロップのアイキャッチ画像
モナンマンゴーシロップの特徴・評判|ドリンクアレンジレシピを徹底解説!モナンマンゴーシロップのレビュー記事です。実際に飲んで味、香り、甘みを評価します。アレンジレシピの紹介や成分、カロリーの情報もお届けします。...

 

ランキング6位:ローズ

モナンローズシロップ画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
6位には、エレガントな香りとほのかな甘みの「ローズ」を。カクテル、ノンアルコールカクテル、フレーバーティーにおすすめ。リッチで上品なお姫様シロップ!
モナンローズのアイキャッチ画像
モナンローズシロップのアレンジドリンク|口コミ・評判、特徴・成分を徹底解説!モナンローズシロップのドリンクレシピ、オリジナルノンアルコールレシピ、実際に購入し飲んでみたレビューをお届け、成分からカロリー特徴も開設、世間の口コミも。...

ランキング7位:バニラ

モナンバニラシロップ250ml画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
7位にはコーヒーアレンジに大活躍の「バニラ」、 ほのかなブランデーの香り、エキゾチックなハイクオリティシロップです。ドリンクにデザートに変幻自在のシロップです。

ランキング8位:ブルーキュラソーシロップ

モナンブルーキュラソー画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
8位には、色鮮やかな「ブルーキュラソー」。オレンジ風味の香りと甘みが混ざった、カクテルやソフトドリンクの色付けに大活躍!
モナンブルーキュラソーアイキャッチ画像
モナンブルーキュラソーシロップのアレンジレシピ|口コミ・特徴を解説します!MONIN(モナン)ブルーキュラソーシロップのレビュー、オリジナルドリンクレシピ、特徴やネットの評判を集めました。ブルーキュラソーシロップを使ってみたい人の参考に。...

 

ランキング9位:ピンクグレープフルーツ

モナンピンクグレープフルーツの画像画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
9位には、フレッシュで甘酸っぱい「ピンクグレープフルーツ」です。綺麗な色味が出るピンクグレープフルーツは、爽やかなノンアルコールカクテルやフレーバーティーにぴったり!1本あると使い方いろいろ!万能型シロップ!

ランキング10位:さくら

モナンサクラシロップ250ml画像引用:日仏貿易

宅のみお
宅のみお
10位には春にぴったりの「さくら」、 美しい桜色、やさしい桜の香りとアレンジに欠かせない存在。ドリンクに個性を出したいときに欠かせないシロップです。

 

 

3大メーカー:Torani(トラーニ)

トラーニの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

Torani(トラーニ)の特徴

最大の特徴は、人工的な甘味料をつかわない「ナチュラルフレーバーシロップ」ということ。近年の健康ブームにはもってこいのシロップです。

無脂肪、ローカロリー、人工的な甘味料は一切使用しておりらず、日本では約70種類の商品を展開しています。業界初のオールナチュラルシロップも扱っており、品質・健康にこだわった歴史あるイタリアンシロップです。

Torani(トラーニ)の歴史

1925年アメリカのサンフランシスコにてトーレ夫妻が、故郷から持ち帰ったファミリー秘伝のイタリアンシロップを作り始めたのが始まりです。そして1980年代にアメリカにエスプレッソブームを巻き起こしたR.トーレ社は、100年近い歴史を持つイタリアンシロップの老舗ブランドでアメリカNO1の実績があります。

宅のみお
宅のみお
モナンもトラーニも、家族経営から始まって、ブームを起こして今のポジションがあるんですね。

Torani(トラーニ)の商品ラインナップ

フレーバーシロップ

トラーニフレーバーシロップの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

トラーニの特徴であるナチュラルフレーバーシロップ。素材の味と香りを活かす為、加熱処理等を一切施さないというこだわり。人工的な甘味料も一切使用なしで安心できます。750mlと375mlの64種類が展開中です。

ピュアメイドシロップ

トラーニ ピュアメイドシロップ画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

100%自然の原材料を使用したオールナチュラルシロップ!人工香料、人工甘味料、人工保存料、使用なし!健康志向のかたへうってつけのシロップですよ!4種類の展開です。

ピュアメイドソース

トラーニグルメソースの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

同じく100%ナチュラルのみの原材料を使用した濃厚なグルメソースです。7種類を展開中。

ピューレブレンド

トラーニピューレブレンドの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

こちらも人工甘味料、人工着色料不使用のワンランク上のシロップでスムージーやカクテルのベース、パンケーキやデザートのトッピングとしても大活躍のピューレブレンドシロップです。7種類を展開中。

Torani(トラーニ)のおすすめ商品ランキング

ビール犬
ビール犬
ナチュラルフレーバーシロップの、Torani(トラーニ)のおすすめ商品TOP5を発表するワンッ!
Torani(トラーニ)おすすめ商品TOP5を開いて見る

ランキング1位:ゼロシュガーキャラメル

トラーニゼロシュガーキャラメル画像引用:東洋ベバレッジ株式会社
宅のみお
宅のみお
堂々の1位はトラーニの最大のウリ、ピュアメイドシロップから「ゼロシュガーキャラメル」なめらかなのに濃厚なキャラメルの甘みがありながらもゼロシュガーでカロリーオフ!健康系でありながらも、しっかりとした甘みが1位選出の理由です。

 

ランキング2位:ゼロシュガーバニラ

トラーニゼロシュガーバニラ画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

宅のみお
宅のみお
第2位もピュアメイドシリーズから「バニラ」クリーミーなのにゼロシュガー、罪悪感を消してくれるバニラシロップです。

ランキング3位:アーモンドロカ

トラーニ アーモンドロカの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社
宅のみお
宅のみお
3位はトラーニらしさ全開の「アーモンドロカ」アーモンドの薫り豊かなチョコレートバタークランチで、そのキャンディーをそのままシロップにしたシロップです。

ランキング4位:塩キャラメル

トラーニ塩キャラメル画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

宅のみお
宅のみお
4位はキャラメルのまろやかさの中に、キリッと塩で引き締まった「塩キャラメル」です。おすすめは、シンプルにコーヒーアレンジにプラスすること。甘すぎが好みじゃない人にいいですね。

ランキング5位:ホワイトチョコレート

トラーニホワイトチョコレートの画像画像引用:東洋ベバレッジ株式会社

宅のみお
宅のみお
5位には高級感抜群の「ホワイトチョコレート」! コーヒーにくわえるだけで至福のフレーバーコーヒーに変身します。最後の一口まで余韻を楽しめるシロップです。

 

 

3大メーカー:DaVinci(ダ・ヴィンチ)

ダ・ヴィンチの画像画像引用:第一電化社公式サイト

DaVinci(ダ・ヴィンチ)の特徴

コンセプトが「全てはコーヒーのために」というように、まさにコーヒーのために作られたシロップが強みです。最大のこだわりは「甘さへの質」厳選されたサトウキビから採れたケーンシュガーを使いスペックでは表現できない甘さが特徴です。

DaVinci(ダ・ヴィンチ)の歴史

1989年シアトルで創業したDaVinci(ダ・ヴィンチ)、創始者一族は、旧ロシア皇室やオーストリア皇室を顧客に持ったヨーロッパのチョコレートの名門で「甘さの質」に対するノウハウとこだわりは、現代にも受け継がれています。シアトル発のグルメコーヒーカルチャー

宅のみお
宅のみお
シロップのルーツ・技術はヨーロッパからのもので、ブームはアメリカでというパターンが3大メーカーの特徴ですね。

DaVinci(ダ・ヴィンチ)の商品ラインナップ

クラシックシリーズ

日本では約30種類が展開されている、ドリンクに溶けやすい「コーヒーのために」開発されたシリーズです。

ナチュナルズシリーズ

クラシックシリーズよりトロッとした味わいの、100%天然素材を使ったシロップ。カフェメニュー以外にもフレーバーティーやカクテルにぴったりのシロップです。

フルーツイノベーションシリーズ

フルーツ果汁とサトウキビ原料(ケーンシュガー)を使っており、ソフトドリンクとの相性も抜群のシロップで、アイスティー、レモネードなどにマッチするシロップ。

DaVinci(ダ・ヴィンチ)のおすすめシロップランキング

ビール犬
ビール犬
コーヒーのためにがコンセプトの、DaVinci(ダ・ヴィンチ)のおすすめ商品TOP5を発表していく~!
DaVinci(ダ・ヴィンチ)おすすめ商品TOP5を開いて見る

ランキング1位:レモネードフルーツイノベーション

レモネード フルーツイノベーションの画像画像引用:第一電化社公式サイト
宅のみお
宅のみお
堂々の1位はレモネードフルーツイノベーション!レモネードにぴったりのシロップで、レモネードアレンジのベースとして活躍してくれます!フレーバーレモネードのベースとしても持っておきたい1本です。

 

ランキング2位:キャラメルクラシック

ダビンチキャラメルクラシックの画像画像引用:第一電化社公式サイト

宅のみお
宅のみお
第2位はダ・ヴィンチで一番人気のフレーバー「キャラメルクラシック」ほのかな甘みが世代を問わず愛されています。

ランキング3位:濃厚チャイティー

画像引用:第一電化社公式サイト
宅のみお
宅のみお
3位は珍しいフレーバーの「濃厚チャイティー」ミルクにまぜるだけで本格的なチャイティーが味わえる魅惑のシロップです。

ランキング4位:チョコレートクラシック

ダビンチチョコレートクラシックの画像画像引用:第一電化社公式サイト

宅のみお
宅のみお
4位はコーヒーとの相性抜群の「チョコレートクラシック」です。本物のスイートチョコレートをつかっているのでチョコ感抜群。コーヒーアレンジの必須シロップです。

ランキング5位:ストロベリークラシック

ダビンチストロベリーの画像画像引用:第一電化社公式サイト

宅のみお
宅のみお
5位にはフルーツ系の王道「ストロベリー」。鮮やかな色と華やかな香りが特徴のコーヒーにもカクテルにも使える万能シロップです。

おすすめ:1883メゾンルータン

1883シロップ

画像引用:1883MaisonRouthinFrance

1883メゾンルータンの特徴・歴史

商品名の通り、1883年創業のフランスの伝統的な自然派シロップ、日本では2017年から株式会社デニオ総合研究所が販売を本格的に開始しました。

「1883 メゾンルータン」について
1883年に創業。フランス アルプスの恵みから培われるその透き通る「水」の味わいは、一度口にすると二度と忘れることができない。全てフランスの自社工場で生産。その驚きのクオリティは人々を唸らせる。他にはない素晴らしい高品質は全てここから生まれる。
100%甘藷糖(サトウキビ)でノンコレステロール。
プロが認める高い品質と多種多様なアイテムで、無限のレシピを生み出します。

出典:press

宅のみお
宅のみお
飲食店の人たちに、試飲してもらった感想を聞くと圧倒的なクオリティに気に入る方がめちゃくちゃ多くてビックリします。実際に飲んでもらうとシロップに詳しくない人でもわかるほど、1つ1つのクオリティが高いですよ。

1883メゾンルータンのおすすめシロップ3選

宅のみお
宅のみお
実際に飲んだ1883シロップの中から、本当に美味かったシロップを3つだけ紹介します。
1883メゾンルータンおすすめ商品TOP3を開いて見る

ランキング1位:ミラベル

凝縮感たっぷりのジューシーミラベル
画像引用:1883MaisonRouthinFrance
宅のみお
宅のみお
これはマジでうまいです。ミラベル。ジューシーで香り高い最高のシロップです、味は梨の酸味と椿のような香りで、めちゃくちゃ甘みの中に旨味がつまった奥深いシロップです。フレーバーティーやカクテルベースとしてオススメの1本です。

 

ランキング2位:レモン

1883レモン

画像引用:1883MaisonRouthinFrance

宅のみお
宅のみお
第2位は定番のフレーバー「レモン」。ジューシーならがら甘みもある、レモン系のアレンジシロップでは最上級のクオリティです。

ランキング3位:トウガラシ

1883トウガラシ
画像引用:1883MaisonRouthinFrance
宅のみお
宅のみお
3位は珍しいフレーバーの「トウガラシ」カクテルやノンアルコールカクテルのアクセントに!使い方が上級者向けの技巧派シロップ。

 

 

 

まとめ:シロップメーカーの比較表一覧

メーカー 創業 ルーツ 商品数 特徴 700ml~750ml価格帯
monin

モナン

1912年 フランス

ブールジュ

100以上 日本ではシロップ界の第一メーカー

親子3代でのシロップへの品質のこだわり

1100~1700円
tarani

トラーニ

1925年 アメリカ

サンフランシスコ

70以上 人工的な甘味料を使わない

ナチュラルフレーバーシロップ

1100~1700円
ダビンチロゴ

ダ・ヴィンチ

1989年 アメリカ

シアトル

30以上 コーヒーに特化したシロップ作り

すべてはコーヒーのためにがコンセプト

1300~1800円
1883ロゴ

1883メゾンルータン

1883年 フランス

シャンベリー

40以上 フランス発自然派シロップ

ハイクオリティシロップ

2500~3000円

 

宅のみお
宅のみお
各メーカーともに特色がありますね~。

モクテル、コーヒー・紅茶と、総合的に「おうちカフェ」を楽しみたい人は「MONIN」「1883メゾンルータン」を、コーヒーに特化したアレンジを追求するなら「ダ・ヴィンチ」を、健康志向で選ぶなら「トラーニ」をオススメします。

おうちカフェを楽しむにはフレーバーシロップで差をつけよう!

おうちカフェイメージ画像

おうちカフェを彩る、フレーバーシロップの紹介記事でした。

まずは自分に合った、自分好みのシロップを見つけて、楽しいおうちカフェライフを過ごしましょう。よかったら、他にもおうちカフェ情報をあげてるので参考にしていただければうれしいです。

 

ABOUT ME
宅のみお
宅のみお
宅飲み・おうちカフェ研究科: 外食の仕事に携わり約20年。居酒屋・カフェ・ナイト業態と全ての外食業態に携わってきました。これまでの経験を基に、自宅で「お店のドリンク」を楽しめる情報発信をしております。